夏に欠かせない制汗剤について

よく汗をかく季節になると制汗剤を購入します。クーラーのかかっていない室内でじっとしているだけでも汗をかくほどなので、出勤するときには必ずスプレータイプのものをわきの下にスプレーしてから服を着て出かけます。わきがではないので汗のにおいがきついわけではありませんが、それでも汗をかくとにおっていないかどうか気になってしまいます。スプレーしておくと完全に汗が抑えられるわけではありませんが、それでも汗のにおいが気にならなくなるので安心できます。スプレータイプの制汗剤は中学生の頃から愛用しており、夏これを使わないと不安になってしまうほどです。これまでに色々な香りのものを試してみましたが、現在使っていて一番気に入っているのはローズの香りがするものです。香水のように良い香りで、2年間同じものをリピートしています。

制汗剤の購入について

私は30代の男性で、一年を通して制汗剤を定期的に購入しています。初めて使用したのは中学生の頃でした。理由はワキガでした。自分では気付かなかったのですが両親に言われて、自分のにおいを気になるようになり、それ以来周囲の目が気になり常に制汗剤を持っていないと不安になるようになりました。社会人になった今でも毎日使用しています。最近は色々な種類の制汗剤が発売されており一通り試してみました。香料が付いたものは逆に汗のにおいと混ざってしまい変なにおいを発してしまうために、無香料のものを使用しています。こまめに汗を拭き、使用するようにしています。妻にも何も言われる事も無く、職場でも特に周囲の目を気にする事も無く生活出来ています。今後もずっと続くと思いますが、自分の生まれつきの体のために、ケアを怠らずに楽しく生活していきたいと思っています。

制汗剤の正しい使い方。

制汗剤は、汗のかく季節になるととても重宝します。やはり汗の臭いは気になるもので、なるべく人に自分の汗の臭いを気付かれないよう、ほとんどの人が利用しているものと思います。種類もたくさんあって、スタンダードなスプレータイプや、ふき取りタイプ、液体を直接肌につけるタイプやロールタイプで直接塗るものもあります。手が汚れず簡単に使用できることから、スプレータイプのものは若い人に人気です。しかし、使い方を間違えると危険性もあるものです。スプレータイプのものには注意書きとして、使用時の肌からの距離が記載されています。これは、あまりにも近くで噴射すると凍傷のおそれがあるためです。実際、以前にそういった事例もあるらしく、決しておおげさに言っている訳ではないのです。暑い季節になると冷たいスプレーを、より肌の近くで使用しがちですが、しっかりと注意書きを守って安全に使用したいものです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です